総アクセス数:

現在の閲覧者数:

物語

はまなすの実

原作/田野呵々士


その昔、安住の地を求めて海を渡った村人たちの物語。






この物語はフィクションで、画像はイメージです。
実在する国家や地域、個人、企業、団体とは一切関係ありません。


いりぐち

Since 2006.08.15
更新 2012.12.26

「環境設定ウインドウ」について

本文ページのどこかをダブルクリックすると、「環境設定ウインドウ」が開きます。このウインドウを開くにはブラウザの設定で、JavaScript を有効にしておくことと、ポップアップウインドウを許可しておく必要があります。

【動作環境】

 このパネルの動作には、Web ページで指定されたスタイルを使用できるようにしておく必要があります。また、データを保存するには、Cookie を有効にしておく必要があります。それらの設定方法は、ご使用のブラウザのヘルプをご参照下さい。

動作確認ブラウザInternet Explorer 5.5 以降, Netscape Navigator 7.0
Firefox version 1.0.4, OPERA version 7.53
iceweasel 2.0.0.16, Safari 3.1.2(525.21)
推奨PCとOS上記ブラウザが正常に作動するもの。

※ブラウザによって表示のされ方が多少異なります。

1. 本文スタイルの設定

このパネルで物語本文のスタイルを設定することができます。詳しくは下の取扱説明書をお読みください。

物語 はまなすの実 スタイル設定パネル by 田野呵々士
書  体大きさ設定








フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
フォントは書体
大きさ
大きさ
大きさ

スタイル設定パネル取扱説明書

 このパネルでは、文字の色、書体、大きさの各項目の中から任意のものを選択することによって、物語本文のスタイルをある程度設定し、それらのデータを保存することができます。お好みのスタイルでご覧ください。

【スタイルを設定する】

●色の設定
 試しに、この上のパネル内の 色 項目左上のをクリックしてみてください。この枠内の色がその通りに切り替われば、正常に作動している証拠です。

●フォントの設定
 任意のフォントは書体をクリックしてみてください。ここに表示されているフォントがその通りに切り替われば、正常に作動している証拠です。
 但し、お使いのコンピュータにインストールされているフォントによって、パネルの12種類全てが揃うとは限りません。また、ブラウザによっては、Web ページを表示するフォントの種類数を限定しているものもあります。その場合、表示できないフォントは他のフォントで代用されるので、一部同じものが重複して表示されます。

●文字サイズの設定
 任意のサイズを試しにクリックしてみて下さい。この文字の大きさがその通りに切り替われば、正常に作動しています。

●クリックしても変化しないとき
 JavaScript は有効になっていますか? また、当然のことですが、既に設定してあるのと同じ設定を選択しても変化しません。

【変更を保存する】

 設定の変更を本文に反映させるには、データの保存とページの更新が必要です。
 パネル右端の保存ボタンをクリックすることによって、変更したスタイルのデータは Cookie に保存され、次にページを再び読み込んだときから本文にも反映されるようになります。
 ブラウザによっては、ページを更新した際に初期設定に戻ってしまうものがあります。その場合一旦別のページに移ると、保存してあるデータは再び呼び出されます。

【初期設定に戻す】

 パネル右端の初期ボタンをクリックすると Cookie に初期化情報が保存され、次にページを読み込んだときから初期設定に戻ります。

【本文からの起動の仕方】

 本文ページのリンク以外の任意の場所をダブルクリックすると、「環境設定ウインドウ」が現れてその中に上のパネルと同じものが表示されます。

【起動したウインドウを閉じる】

 パネルの下の「閉じる(Alt)+(C)」ボタンをクリックするか、(Alt)+(C) のキーを押すか、ウインドウ右上の「X(閉じる)」ボタンをクリックするかのいずれかで、「環境設定ウインドウ」は閉じます。

【免責事項】

 この「スタイル設定パネル」はソフトの範疇に入るとは思えませんが、もしそうであればフリーウエアです。著作権は私、田野呵々士にありますが、ソースコードをコピーしてご自由に使って頂いて構いません。但し、それによって生じた不具合などに対して、田野呵々士は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

2. 効果音を聞く

 このパネルで、物語の場面に合わせた効果音を流すことができます。詳しくは下の取扱説明書をお読みください。

【動作環境】

 この効果音を聞くには、ブラウザでオーディオを再生させるプラグインが必要です。
 Quick Time Windows Media Player Totem Mozilla

動作確認ブラウザInternet Explorer 5.5 以降, Netscape Navigator 7.0
Firefox version 1.0.4以降, OPERA version 7.53
iceweasel 2.0.0.16, Safari 3.1.2(525.21)
Chrome/12.0.742.112
動作確認プラグインQuick Time Plug-in 6.0.2以降, Windws Media Player 9.0.0.2980
Totem Mozilla 2.16.5
推奨PCとOS上記ブラウザとプラグインが正常に作動するもの。
物語 はまなすの実 効果音設定パネル by 田野呵々士

効果音パネル取扱説明書

【効果音を再生する】

 効果音の名前が付いたボタンをクリックすると、「効果音再生用ウインドウ」が開き音が再生されます。同時に再生されるのは一種類の音のみです。

【効果音の設定】

1. 音量の設定
 音量のプルダウンメニューによって効果音の音量を大まかに指定することが出来ますが、変更した数値は新たにファイルを読み込まないと反映されません。そのため、プラグインの方で設定することをお勧めします。
2. 繰り返しの設定
 Windows Media Player では、繰り返し再生する回数を大まかに指定することができます。パネルの繰り返しプルダウンメニューの数値から選択してください。Quick Time では手動で止めない限り無限に繰り返して再生されます。
3. その他
 ミュートや早送りなど、その他の設定やコントロールは、表示されているプラグインで行ってください。

【効果音を止める】

 パネル内の効果音を使用しないボタンをクリックすると「効果音再生用ウインドウ」が閉じて音も消えます。
 表示されているプラグインのストップまたはポーズボタンをクリックしても、もちろん音が止まります。また、「効果音再生用ウインドウ」内の「閉じる」ボタンかウインドウ右上の「閉じる」ボタンをクリックすると、「効果音再生用ウインドウ」が閉じて音も消えます。

【よくありそうな質問】

Q:動作環境を満たしているのですが、音が再生されません。
A:プラグインのファイルタイプの関連付けで、mp3 ファイルを再生できるように設定するとこの問題の多くは解消します。
Q:音量の数値を変更したのですが、音量が変化しません。
A:音量の変更は、効果音ファイルを読み込んでから反映されます。同じ効果音の音量を変更させたい場合には、同じボタンをクリックしてファイルを再読み込みさせてください。
Q:なぜプラグインを本文のページに埋め込まないのですか?
A:本文を読んでいる最中にプラグインをコントロールしようとすれば、プラグインが表示されている場所まで一々飛ばなくてはなりません。それは面倒なので、読んでいる位置を変えることなく効果音が聞けるようにしたのです。
Q:効果音が同じ音の繰り返しで退屈です。
A:私もそう思います(笑)。近頃ではインターネットの高速化が進みましたが、ダイヤルアップ接続をしている人もまだいることと思います。それを考慮して、サイズの小さなファイルを繰り返して使うという方式にしています。
Q:フレームを使えばプラグインを画面に常駐させながら本文を読むことも出来るのではないですか?
A:その通りです。しかしそうすると、フレームに対応しているブラウザでしか閲覧出来なくなってしまいます。
 また、物語が400年前の海辺の場面なのに、プラグインが再生ノブを機械的に往復させて波の音を再生させているのが目に入ると、雰囲気を出すためにわざわざ効果音を流すという意味がなくなってしまいます。これはあくまでも好みの問題ですが……。
Q:本文中で効果音が必要な場所に再生ボタンを配置すればよかったのではないですか?
A:本当はそれが一番手っ取り早い方法なので、最初はそうしていました。ところが、それだと効果音を使わず純粋に文章を読みたい人の邪魔になってしまいます。
 また、効果音をどのブラウザでもなるべく確実に再生させるために、このパネルではスクリプトでコントロールするのではなく、プラグインをファイルに直接アクセスさせるという方法を採っています。この方法ではファイルを読み込むとページがプラグインの姿だけを表示してしまうので、新たに別のウインドウで再生させるようにしました。

【著作権と免責事項】

 この「効果音選択パネル」はソフトの範疇に入るとは思えませんが、もしそうであればフリーウエアです。著作権は私、田野呵々士にありますが、ソースコードをコピーしてご自由に使って頂いて構いません。但し、それによって生じた不具合などに対して、田野呵々士は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
 また、効果音に使われている音源の著作権は「なずな音楽工房」にありますが、個人が楽しむためなら自由に使って頂いて構わないとのことです。但し営利目的でのご使用につきましては、直接なずな音楽工房までお問い合わせください。


(c) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system