ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

いごねり

2013.09.06
手作りいごねり
手作りいごねり

 「いごねり」とは、新潟県佐渡地方を中心に食べられている郷土食材だ。
 原材料は「えご」という海藻。それを煮て溶かした汁を濾し、冷やして固めたものだ。
 トコロテン系の食材だが、それよりも海藻の風味が高く、繊維質も微かに感じられるので、私はトコロテンよりもこちらの方が好きだ。
 普通は、約20cm四方で厚さ1~3mmの板状のものをロール状に巻いて販売している。
 原材料が手に入れば個人家庭でも作れる。上の画像がそうだ。

いごねりの調理例
いごねりの調理例

 原材料は乾物の状態で流通しているので、年間通じて製造可能なのだが、佐渡では特に夏に必ず食べられる食材の一つではないだろうか。
 冷たく冷やしたこのロール上のものを、幅3~5mmの輪切りにして皿に盛り付け、刻みネギ・ワサビまたはおろし生姜・醤油をかけて食べるのが最も一般的だ。
 加熱すると溶けてしまうので、うどんや蕎麦の具にするのなら、冷たいものに限る。


だいどころ  客間


(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system