ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

ワラビ(蕨)の納豆和え

2011.05.27
更新 2014.06.16

 灰汁抜きしたワラビには、これといった香りはないが、日本の山菜の中でも人気が衰えないのは、その鮮やかな色彩と独特の味覚のためだろう。
 これにただ醤油をかけて、いわゆる「おひたし」にするのが最もシンプルな食べ方だと思うが、そのヌルッとした食感に近いもの同士を結び付けるとどうなるか。
 試しにやってみたら、予想以上に旨かったので公開することにした。

ワラビの納豆和え

材料

1~2人前

作り方

  1. 納豆を器に入れてよく掻き混ぜ、あらかじめ粘り気を出しておく。
    納豆を掻き混ぜる
  2. ワラビの水を切って長さ2~3センチに切る。
  3. ネギをきざむ。
  4. ワラビとネギを加えて醤油をかける。
    ワラビとネギと醤油を加えて混ぜる
  5. よく混ぜ合わせて出来上がり。
    ワラビの納豆和え

 淡白な味のワラビと、香りと味が比較的濃厚な納豆とネギ。しかも納豆のヌメヌメは、日本の食材の中でも No.1 クラスだろう。これらを組み合わせることによって、ワラビの旨さが一段と増しているように思う。
 これに木の芽が乗るとどうなるか。

ワラビの納豆和え木の芽乗せ
 おお~~~!!!
 これぞ高級納豆料理!?

だいどころ  客間


(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system