ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

じゃが芋と大豆のカレー

2015.10.07
じゃが芋と大豆のカレー
インド式の一人前

インドでは豆料理が大人気

 インドには、宗教上の理由から肉や魚を食べない人が、他の国々に比べてかなり多い。そのかわり彼らは、豆類や乳製品でたんぱく質を補っている。具体的に言うと、街角で飲む紅茶やコーヒーには必ず牛乳が入っているし、ヨーグルトはサラダだけでなく、清涼飲料となったり、カレーに混ぜて食べられたりして大人気だ。
 それにも増して日常的に食べられているのが豆類だろう。そのためインド文化圏には、豆を食材に使った料理が多彩だ。

 日本でも江戸時代までは、仏教の教えで肉食が禁止されていた。そのため、豆類は今でも比較的多く栽培されている。中でも最も多いのは、やはり大豆だろう。味噌醤油などの調味料をはじめとして、煮豆や枝豆などの食材としても、和食には欠かすことができない。

収穫直後の生大豆
収穫直後の生大豆

 この大豆を生の状態でカレーにしたらどうなるか? 試しに作ってみたらなかなかうまくいったので、公開することにした。 

作り方

材料
インド式に小皿に盛り、他の複数のカレーと食べるなら6人分。日本風にこれだけおかずにするなら2人分。
下ごしらえ
調理
  1. フライパンを火に掛け水気をとばし、油を入れたらすぐ弱火にする。
  2. Aを入れ、絶えずかき混ぜて焦げないようにする。
  3. 香りが出てきたらニンニクを加えて炒める。
  4. ニンニクの色が狐色に変わってきたら玉葱と塩を加え、中火にして炒める。
    ニンニクと玉葱を加えて炒める
  5. 玉葱が金色になって油が浮いてきたら、トマトジュースとじゃが芋を加えて煮る。
    トマトジュースとじゃが芋を加えて煮る
  6. 汁が沸騰したら、大豆とターメリックを加えて炒める。芋と豆に火が通ったら出来上がり。
    出来上がり

食べ方

 ロティやパンにくるんで食べてもいけるし、パスタのソースとしても使える。
 大豆という素材の性質上、ご飯にも良く合う。その場合、醤油を適量たらすと相性が倍増される。

インドカレーの概念については、カレーの醍醐味 をご参照ください。

他のレシピ: ナスのインドカレー オクラのインドカレー タケノコのインドカレー キーマカレー

だいどころ  客間


(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system