ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

ナスのインドカレー

2000.07.24
更新 2015.05.30
茄子のインドカレー
インド式の一人前

 北インドとパキスタンの大衆食堂には、必ずと言ってよいほど常備されている定番料理の一つ。
 茄子は、インドの公用語であるヒンディー語で「बैंगन (baingan)」、パキスタンの国語であるウルドゥー語では「(baingan)بینگن」。そう注文すれば、この料理が運ばれて来る。メニューにアルファベットで「brinjal」と書いている店もあるが、茄子の品種のことで結局は同じことである。
 ここでご紹介しているのはシンプルだが、本格的なインドカレーです。

作り方

材料
インド風に複数の種類のカレーと食べるなら10人分、日本風にこれだけおかずにするなら4人分
下ごしらえ
調理
  1. フライパンを火に掛け水気をとばし、油を入れたらすぐ弱火にする。
  2. Aを入れ、たえずかき混ぜて焦げないようにする。
    香辛料を入れる
  3. 香りが出てきたら、ニンニクを加えて炒める。
  4. ニンニクの色が変わってきたら玉葱と塩を加え、火を若干強くしてかき混ぜる。
    玉葱を炒める
  5. 玉葱の色が変わって油が浮いてきたらナスを加えてよく混ぜる。焦げ付くようなら水を加える。
  6. ナスが全体によく混じったらターメリックを加える。
    下ごしらえ
  7. ナスによく火が通ったらガラムマッサーラを加えてよく混ぜ、火を止めて出来上がり。
インドカレーの概念については、カレーの醍醐味 をご参照ください。

他のレシピ: 大根葉のインドカレー オクラのインドカレー タケノコのインドカレー キーマカレー

だいどころ  客間


(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system