ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

廃油ランプ

2005.12.07
更新 2011.03.16
ご注意:火を扱う際には、万が一の場合に備えて、消火のための水または消火器を手元に置いておきましょう。
台所の廃油を利用し、あり合わせの材料で手軽に作れるランプです
廃油ランプ

必要なもの

廃油ランプに必要なもの
  1. ランプ皿。直径5~8センチ、高さ1~3センチくらいの白っぽい陶器がよい。金属製のものは非常に熱くなるので危険。
  2. 受け皿。燃え尽きた芯が下に落ちたり、油がランプ皿から垂れることがあるので。
  3. 白い紙。印刷用のインキが燃焼すると異臭がしたり煤が出たりするので、ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンペーパーなどの無地無着色のものがよい。
  4. 爪楊枝一本。
  5. 緊急消火用の皿かどんぶり(ランプ皿がすっぽりとかぶさる大きさのもの)
  6. 食用植物油の廃油。(新品の油でも構わないが、それだともったいない)
    てんぷら油、サラダ油、キャノーラ油等、食用の植物油ならなんでもOK。
    ※ガソリンや灯油では、芯だけでなくランプ全体が炎上します。絶対に使用してはいけません。

作り方

  1. 紙を適当に切って、太さ2~4ミリ、長さ6~10センチくらいの紙縒(こよ)りにする。これがランプの芯になる。
  2. ランプ皿の下に受け皿を敷き、芯をランプ皿に収めるだけで出来上がり。
    完成した廃油ランプ

使い方

  1. ランプ皿に廃油を7~8分目ほど注ぎ、爪楊枝を使って油の染みた芯の先端を皿の外側に出す。
  2. その芯の先端に点火する。
  3. 明るさの調節は、爪楊枝を使って芯を出し入れすることにより行う。爪楊枝を使わないときは、受け皿の上に乗せておく。
  4. 燃焼して油が減れば、随時注ぎ足す。
  5. 通常は、爪楊枝で芯の先端を油の中に沈めて消火する。ロウソクのように火を吹き消すと、臭い煙がしばらくあたりに漂うことになる。
  6. ランプの油が極端に少なくなると、底の芯全部が燃え出し、火が一時的に極端に大きくなることがある。そのようになる前に油を補充すればよいのだが、万が一のときには、緊急消火用の皿をランプの皿の上にすっぽりと被せて消火する。
    廃油ランプの緊急消火

使用上の注意

ご注意:この記事をご参考になさって作られたランプによる火災や火傷などに対して、このサイトでは責任を負うことが出来ません。火の取り扱いにはくれぐれも注ご意ください。

だいどころ  客間

(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system