ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

粕汁

2004.5.10.
2009.1.12. 更新

 「三平汁」と基本は似ているが、我が家の粕汁は鮭の身ではなくアラを使う。また、アラからだしが出るので、わざわざ鰹でだしは取らないし、具沢山なので、出来上がりはかなり異なる。それでは、早速それをご紹介しよう。

材料

下ごしらえ

  1. 鍋に水を入れ、その中に昆布浸けて戻しておく。
  2. 鮭のアラを食べ易い大きさに切り、塩をして20分ほど置いておく。(煮るとどうせ骨が身から離れ易くなるので、一人で食べる場合は切らなくてもいい。)
  3. 大根、人参、里芋、牛蒡の皮を剥く。必要があれば牛蒡は水にさらしておく(我が家ではしていない。その方がだしが多く出るので。)
  4. 牛蒡は小口切り、人参は輪切り、里芋は半分に、大根は銀杏切りに、蒟蒻と油揚げは短冊切りにする。

作り方

  1. 鍋に鮭のアラ、牛蒡、人参、里芋、大根、蒟蒻を入れて蓋をし、中火に掛ける。
  2. 薬味の葱を切っておく。
  3. 鍋が沸騰したら弱火にして、あくをこまめに取り除く。
  4. 油揚を加え、里芋と大根に火が通る頃、酒粕をお玉で溶きながら加える。
  5. ひと煮立ちしたら火を止めて、塩加減をみながら味噌を適量溶いて出来上がり。

食べ方

薬味の葱を掛けて食べる。七味唐辛子もよく合う。

だいどころ  客間

(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system