ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

しぜん

シュレーゲルアオガエル

2005.07.17
更新 2015.06.07
シュレーゲルアオガエルのオス1

シュレーゲルアオガエルのオス2

シュレーゲルアオガエルのオス3
いずれもオス、同じ個体

 アカガエル科・アオガエル属。学名:Rhacophorus schlegelli
 体長メス約5cm、オス約4cmと、メスのほうがやや大きい。体の色は、住む場所の色によって変化する。足の吸盤が発達し、指の間には水掻きがある。瞳は扁平である。
 モリアオガエルと似ているが、こちらの方が小型で、体に褐色の斑点が無いので見分けが付く。
 主に樹上で生活しているが、5月の連休明け頃になると、田んぼや池などの水場でオスが鳴き始める。その声に誘われたメスが、どこかからやって来る。

シュレーゲルアオガエルの交尾1

シュレーゲルアオガエルの交尾2

 このように、一匹のメスを複数のオスが追い掛けることもある。

シュレーゲルアオガエルの交尾3

 オスがメスの上に乗った日かその翌日に、メスはその水場の縁に卵隗という泡の塊りを作りながら、その中に産卵する。

シュレーゲルアオガエルの卵隗1

 卵隗の中の卵は1週間ほどで孵化し、オタマジャクシは卵隗から出て下の水の中に落ちる。卵隗はその後、ヤスデやダンゴムシなどに食べられて無くなる。
 オタマジャクシは、蚊の幼虫であるボウフラを食べるし、カエルになると蚊や蝿の成虫を食べてくれる、まことに有り難い存在だ。

しぜん  客間

(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system