ロゴ
総アクセス数:

現在の閲覧者数:

だいどころ

オクラのインドカレー

2000.07.21
更新 2016.08.29
オクラのインドカレー
インド式の一人前

 北インドとパキスタンの大衆食堂には、必ずと言ってよいほど常備されている定番料理の一つ。
 オクラは、インドの公用語であるヒンディー語では「भिंडी (bhindi)」、パキスタンの国語であるウルドゥー語では「(bhindi) منڈی」と言う。とにかく、現地の食堂で「bhindi」と言うのは、これに類する料理のことになる。
 ここでご紹介する作り方はシンプルだが、本格的なインドのヴェジタリアン料理です。

作り方

材料
インド式に複数の種類のカレーと食べるなら6人分、日本風にこれだけおかずにするなら2人分
下ごしらえ
調理
  1. フライパンを火に掛け水気をとばし、油を入れたらすぐ弱火にする。
  2. Aを入れ、焦げないようにかき混ぜる。
  3. 30秒ほどして香りが出てきたら、ニンニクを加えてさらに炒める。
  4. ニンニクの色が変わってきたら玉葱と塩を加えて火を若干強くし、焦げないようにかき混ぜる。
    焦げないようにかき混ぜる
  5. 玉葱の色が変わり、油が浮いてきたら、水を加えて火を強める。
    水なしでも出来るのだが、オクラ特有のトロミを生かすには、これが欠かせないのだ。
  6. 沸騰したらオクラとターメリックを加えよく混ぜる。
  7. オクラとターメリックを加える
  8. オクラに火が通り、しんなりしたら火を止めて出来上がり。
食べ方

 日本のカレーライスのようにして、ご飯にかけてもいいのだが、チャパティやロティとの相性が抜群なので、食べやすい大きさにちぎったそれで包むようにして食べると最高! バゲットのような砂糖を添加していないパンにもよく合う。

インドカレーの概念については、カレーの醍醐味 をご参照ください。

他のレシピ: 大根葉のインドカレー ナスのインドカレー タケノコのインドカレー キーマカレー

だいどころ  客間


(C) 2004-2015 Tano Kakashi All Rights Reserved.
inserted by FC2 system